HOME南瓦工房スタッフブログオールラウンダー吉居 >岡山県浅口市鴨方町での蓄電池の取り付け

岡山県浅口市鴨方町での蓄電池の取り付け

最近、扱いが増えてきた商品に、蓄電池があります。今回は、その蓄電池の設置について
書きます。

最近、扱いが増えてきた商品に、蓄電池があります。

今回は、その蓄電池の設置について 書きます。

太陽光発電の場合、昼間は、発電できても夜になると発電しません、 そこで、昼間太陽光で、発電した電気を充電して貯める電池、それが蓄電池です。

例えば、電気自動車やPHEVなどを所有していた場合、

夜、家で充電することが、多いでしょ、太陽光発電による電気ですから、電気代もかからないわけです。

家族が帰ってきた後の、夜の電気使用量が、昼間の太陽光で賄えるというわけです。

 

上の写真が、蓄電池本体です。 中に入っている充電池モジュールは、

携帯電話や、電動工具用バッテリーで使われている

リチウムイオン電池が搭載されてます。

ただ、これで、家庭用電力をまかなえるだけの蓄電できる性能があるわけですから 重さも、190キロくらいあります。

 上の写真は、今回の取付場所です。

拡大しますと、上の写真に写っているコンクリートベース基礎に 設置します。

ユニックを使って設置が済んだ状態が、 上の写真となります。

この状態で、ベース基礎にある、ボルトアンカーで本体を締め付け固定します。

段ボールの養生を外した状態がこれです。

でも、完成しているわけではありません。 これから、電気配線工事を行ないます。

ビニール養生は、完成してから取り外すこととなります。