HOME南瓦工房スタッフブログオールラウンダー吉居 >岡山県笠岡市での、斜面の野立て工事

岡山県笠岡市での、斜面の野立て工事

今回の工事は、岡山県笠岡市での、斜面の野立て工事です。
通常、野立て工事は平地に、スクリュー杭打ちで下地を作ることが多いのですが

 今回の工事は、岡山県笠岡市での、斜面の野立て工事です。

通常、野立て工事は平地に、スクリュー杭打ちで下地を作ることが多いのですが

今回は、斜面ということで、その工法が使えません。

そこで今回は、まず架台を組み立て、勾配や水平を合わせるために、

加工しました

それが、下の写真です

 次に柱強度を出すために、単管杭を打ちます。

それが、下の写真です。

 次に、柱の周りに鉄筋を配置します。

 さらに、柱の下に、捨てコンクリートを打って

水平を出しておいて、ボイド(円筒形のダンボールで出来た型枠材)

を取り付けます。

 

 この後、円筒形のボイドの中にコンクリートを打設すればいいわけですが

とりあえず、今週はここまでです