HOME南瓦工房スタッフブログオールラウンダー吉居 >広島県三原市本郷町での、太陽光パネル増設工事

広島県三原市本郷町での、太陽光パネル増設工事

広島県三原市本郷町での、太陽光パネル増設工事を行いました。

 最近、太陽光パネル増設工事というのが増えてきてます。

これって、一種の太陽光発電所のパワーアップ工事で、

既存の太陽光発電所に、さらにパネル数を増設することで、

全体の発電量を底上げするという工事となります。

今回、広島県三原市本郷町での、パネル増設工事を行いました。

 上の図面は、赤色で書かれた部分が増設部分で、緑色で書かれた部分が既設の太陽光モジュールということになります。

 上が、増設した太陽光モジュールです。

さらに、もう一枚写真を貼ります。

 

 さて、ここからが問題です。

増設工事の場合、既設部分の配線も、手を加えるというか

全部リセットして、配線し直さなければなりません。

 

 上の写真は、パネル間の結線は済まして、これから親線を

パワコンに繋いでいくという状態ですが、パネルの出力位置が

まるで、変わってしまってるもんで、短くなった親線を延長して繋いだり

長すぎる親線は切って縮めなければなりません

さらに、どこにどの線が行っているのか調べたり(意外と時間かかります)

その後、アレー間の配線をPFD管に入れて地面に埋設したりと

仕事は、いろいろとあります。