福山市での、板金工事

今回は、久しぶりに屋根板金工事をやりました。

今回は、久しぶりに屋根板金工事をやりました。 現場は、築後20年くらい経過した、社屋です。 この建屋は、あちこち雨漏りがしていまして、

今回は、その修理目的で、板金役物の 付け替え工事をおこないました。

着工前の状態です。 あちこち、サビがういているのと、

上に取り付けている、アルミ笠木の ジョイントがずれていて、

そこが雨漏りの原因となっているようです。

調査のために、アルミ笠木を取り外してみた状態です。

ジョイント部の金物取付ピッチに問題があるようです。

まず、資材の、荷揚げです。 ユニックで吊り上げました。

今回は、板金役物及びアルミ笠木で、 合計2tくらいになりました。

なにせ2人でやっているので、 手揚げというわけにはいきません。

上の写真は、荷揚げが済んで、取り付け工事を やっている状態です。

中央に見える、ドーム型の明り取り部も雨漏りしている箇所ですので

上から下地処理をして、板金役物をかぶせます。

上の写真は下地組みのところです。 中央に、細い板を置いて、

そこに、耐水合板をしくことで、 両サイドに勾配をとります。

それに、両サイド唐草を取り付けて アスファルトルーフィングを敷けば、 下地工事は、完了です。

明り取り部分の仕舞は、下の写真のようになります。

水上部分ですが、まず、20年以上経過している建屋ですので、

水止め面戸のコーキングのやり直しを行い、 専用のハゼ止め金具を付けて、

水切りを付けました。 このような長尺板金屋根の場合、熱による膨張伸縮が発生しますので 直にビスを打つと、ビスが飛ぶことがあるので、その対策です。

今回は、アルミ笠木の下に板金の捨て笠木を付ける 仕様ですので、

下の写真のようになります。

その上に下地金物を取付けて

アルミ笠木を取り付けます。

後は、板金部分の継ぎ目のシール処理をすれば完成です。

手間のかかる作業でしたが、無事完成しました。