HOME南瓦工房スタッフブログオールラウンダー吉居 >福山市の神社の銅版樋の修理

福山市の神社の銅版樋の修理

福山市内で、神社の銅板樋を修理することになりました。

 福山市内で、神社の銅板樋を修理することになりました。

神社といっても、鉄骨4階建てのビルのような構造物です。

恐らく建ててから30年くらい経過したものではないでしょうか。

 上の写真は、軒先を見上げたものなんですが、大きく湾曲しています。

雨が漏って、中のベニヤが腐ってしまっているからです。

 

次の写真は、天井板を解体して中を調べた時のものです。

この写真は、銅板の谷樋のつなぎ目なんですが、

緑色になっている部分から、雨が漏っています。

 

 

 

さらに、屋根に上がってみると、谷樋に水がたまっています。

 

 

 今回の修理内容は、

樋の排水能力を向上するために竪樋の径を大きくする。

谷樋のつなぎ目を銅板で補強する。

膨れてしまった銅板の幕板をビス留めして修理する

ということになりました。

 上の写真は、既設の樋を解体してる写真です。

この樋は、銅板でできています。

 

 解体した銅板の竪樋です

これから、径の大きい塩ビ管に架け替えていきます。

 これから、塩ビ竪樋を谷樋に接続するところです。

とりあえず各所の接続が済んだら、今日の仕事は完了です。