HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >あなたの雨樋は大丈夫?福山の雨樋工事プロが語る、雨樋の故障原因とは

あなたの雨樋は大丈夫?福山の雨樋工事プロが語る、雨樋の故障原因とは

雨樋とは、屋根面を流れる雨水を集め、地下や下水に導くための設備のことです。雨水が軒先や軒裏、外壁にまわって建物が腐敗することを防ぐ役割を担っています。雨樋が壊れていると住宅の耐久性に悪影響を与えてしまうかもしれないため、雨樋工事が必要となります。
今回は、雨樋が壊れる主な原因を紹介しましょう。

【雨樋の故障原因】
1. 雨樋に落ち葉やゴミが溜まっている
雨樋が詰まってしまうと、雨水を通す機能が失われてしまいます。手の届く範囲で、原因となっているものを取り除き、水が流れるかを確認しましょう。

2. 雨樋の老化
雨樋の平均寿命は20年と言われています。それ以上使い続けていると、老化が原因で雨樋の役割を果たさなくなってしまいます。雨樋工事で新しいものに取り換えるしか方法はありません。

3. 天災による被害
台風や大雪によって破壊されてしまうことがあります。放っておくとさらに悪化してしまうので、見つけたらすぐに対処しましょう。もしかしたら、火災保険の対象になる可能性もあるので、チェックしてみるといいですね。

4. 支持金具の外れ
支持金具は雨樋の構造を支える大切な部品です。これが外れていると、雨樋のゆがみや故障の原因となってしまいます。早期発見をしないと、雨樋全体も工事しなくてはいけなくなるでしょう。

いかがでしたか。雨樋工事は家の耐久性を左右します。信頼できる会社に工事を頼みましょう。株式会社南瓦工房は雨樋工事から雨漏り修理まで承っております。お気軽にお問い合わせください。