HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >おしゃれな金属屋根の特徴とは

おしゃれな金属屋根の特徴とは

住宅をはじめ、建造物には様々なデザインがあり、独特の外観で人目を引く建物もたくさんあります。

特に、屋根がおしゃれだと建物の印象が強烈に残ります。
それを可能にしているのが金属屋根です。

金属屋根は昔ながらの瓦屋根に比べると加工がしやすい上、形状も自由度が高く、特徴のあるデザイン屋根を作る際には欠かせません。

しかし、一口に金属屋根といってもいくつかの種類があります。

家の屋根を金属屋根にしようと思ったとしても、金属屋根には代表的なものだけでも昔ながらの亜鉛鋼板のトタン屋根や、ガルバリウム鋼板があるので、それぞれの特徴を知りながら選ぶ必要があります。

トタン屋根は亜鉛メッキで防食作用を高め、鉄板よりも錆びにくくなっています。
金属屋根の中でも安価な種類なので、古い家屋や車庫・倉庫などに使われています。

ガルバリウム鋼板は近年住宅用に広く用いられている鋼板で、メッキ層にアルミニウムを含んでいることが特徴です。
これによりトタン屋根に比べて5倍の耐久性を獲得しています。
塗装によって耐久性をより高めたり、余分な熱を反射させるよう加工することも出来るのです。

金属屋根の重さは瓦の10分の1なので地震対策にもおすすめです。

瓦屋根は強風や地震で剥がれて瓦が飛ぶ危険性もありますが、金属屋根なら災害でのダメージの心配を減らすことが出来ます。

デザイン性が高く、軽い金属屋根ですが、注意しなければいけない点もあります。

材質によっては耐久性が低く、定期的なメンテナンスが必要なので、事前にしっかりと確認しておくべきでしょう。

特に大きな台風や地震の後は、ゆがみや傷、サビなどの影響が出ている場合もあります。
そのままでは雨漏りなどの屋内への被害も引き起こしてしまうので、定期的に、あるいは心配事があるときに、メンテナンスを依頼するのがベターです。