HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >カバー工法のメリット・デメリット

カバー工法のメリット・デメリット

屋根リフォームには、大きく分けて2つあります。

それは、屋根の葺き替えともう一つが屋根のカバー工法です。

屋根の葺き替えは、既存の屋根材をすべて剥がし、新しい屋根材に付け替えるものです。

対して、屋根のカバー工法は、屋根を屋根でカバーする工法のことです。

つまり、二重屋根になり、屋根を重ねて葺くので、重ね葺きと言ったりもします。


今回は、後者のカバー工法についてお伝えしていきたいと思います。


カバー工法は、既存の屋根に新しい屋根を被せるので、解体工事がほぼ不要で、廃材がほとんど出ないことが最大の特徴です。

この特徴ゆえに、メリットが多くあります。

その1つが、費用を抑えられることです。

解体と廃材処理が必要な部分は棟板金くらいなので、葺き替えなどと較べると費用が安くなります。

また、工事期間も短くて済むので、人件費の削減にも繋がるのです。

2つ目のメリットは、いつも通りの生活が送れることです。

お住まいの内部に手を加えることはないので、普段の生活への影響はほぼ皆無です。

また、塗装のようにニオイもないので、工事中もストレスはありません。

もう1つは、エコであることです。

廃材が少なく、廃材を運搬する際の二酸化炭素の排出量も減らすことができるので、地球温暖化問題の原因である二酸化炭素の削減にも貢献できます。


かなり魅力的なカバー工法ですが、残念ながらデメリットもあります。

その1つは、屋根の重量増加です。

耐震性のことを考えると、軽い屋根の方が好ましいです。

カバー工法の場合、屋根を被せるのでどうしても重たくなってしまいます。

また、カバー工法に向かない屋根や劣化状況によっては施工できないものもあります。

スレートや金属の屋根にはカバー工法は向きますが、瓦にはカバー工法は向きません。

そして、屋根の下地部分が劣化している場合には、その部分の修復が必要になるので、カバー工法では施工することができません。


このように魅力的なカバー工法ですが、施工できない場合もあるので、まずは点検を業者に依頼してみましょう。