ガルバリウム鋼板って何?

ガルバリウム鋼板というものをご存知ですか? ガルバリウム鋼板はアルミニウム55%・亜鉛43.4%・シリコン1.6%で構成されるアルミ亜鉛合金めっき鋼板のことを指します。 簡単に書くとアルミニウムの持つメリットと亜鉛の持つメリットとを上手に組み合わせた性質を持つため人気が出てきています。 このガルバリウム鋼板の使用用途としては、金属屋根の一種として家や施設などの現場工事において使用されることが多くなってきています。 ガルバリウム鋼板の優れた点としては軽さが特徴で、地震対策として注目されている点から近年需要が伸び続けています。 そして、金属屋根にしては錆びにくいという点でも特徴的です。 アルミニウムの特徴である耐食性・加工性・耐熱性・熱反射性の良さが表れていますし、 従来の鋼板より亜鉛の特性である耐久性の良さを受け継いだ点で強度に優れている点もメリットといえます。   元々ガルバリウム鋼板は、アメリカで開発された新素材ではありました。 ただ、開発元のアメリカではガルバリウム鋼板よりアルミサイディングを使用した住宅のほうが圧倒的にシェア率が多くなっています。 一方地震大国である日本においては、ガルバリウムの軽さと丈夫さは風土に適しているということから シェア率はガルバリウム鋼板のほうが高くなっているということです。 このように優れた特性を持つガリバリウム鋼板ですが、デメリットとしては料金面が挙げられます。 とはいっても基本的な料金としてはスレートより若干高い程度で済みますのでそこまで気にする必要はありません。 メンテナンスは基本的に不要であり、長持ちしやすいことは魅力の一つです。 つまりコストパフォーマンスについては優れたほうに入りデザイン性も豊富です。 しかしながらこれ以上のグレードにするために加工して防音性や、断熱性、耐久性を上げるためには、別途料金が必要となっています。 ですので、料金的な部分としてはトータルではそこまで安いかというと少し疑問もあります。 それでも、加工することでより長持ちさせることができますのでこの点をどう考慮しておくかは導入するときのポイントです。 ガリバリウム鋼板を導入する際は、メリットデメリットをしっかりしたうえで、 検討してみてはいかがでしょうか。