シート防水のメリット

皆さんはシート防水という言葉を耳にしたことはありますか?
今回と次回にかけてシート防水についてお話していこうと思います。
今日取り上げるテーマはシート防水のメリットです。


そもそもシート防水は塩ビシート防水工法とゴムシート防水工法が存在します。
シート防水は主にメリットとして3つ挙げられます。
その一つは、もともとあった防水工法がどのようなモノであっても施工ができるということです。


新築の方ではなくて、リフォームなどで屋上や屋根が劣化してしまった場合、その時には修理が必要になってきます。
しかしシート防水では前回がどのような施工であっても上から工事することができます。
したがって、前のコーティングをはがす必要もなくコスト面を抑えることができます。


そして、もう一つ挙げられる点は、メンテナンスがしやすいということです。
得に塩ビシートの場合は施工後の調整やメンテナンスがとてもしやすくなっています。
何度もメンテナンスする際に、メンテナンスしにくかったら嫌ですよね。
しやすさという面ではかなりメリットが感じやすいかもしれませんね。


そして最後に可燃性がとても低いということです。
防水加工で可燃性が高いものもあります。
自宅が燃焼することはないと思っていても、安心はできません。
近所に家事を拡散しないためにも燃えにくい防水加工をすることをお勧めします。

いかがでしたでしょうか?
シート防水加工は様々なメリットがあることが分かりましたね。
防水効果のある施工工事は大きなお金もかかってきてしまうので十分な検討が必要です。
それぞれのメリット、デメリットなどを十分に理解して施工を行う必要があります。

今シート防水を悩んでらっしゃる方は次回のシート防水のデメリットも参考にしてみてください。そして一つの判断基準にしてくださいね。