HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >スレート屋根で雨漏りが生じる原因

スレート屋根で雨漏りが生じる原因

雨漏りは建物にとっては絶対的に防ぐ必要がある現象です。

これをそのまま放置しておくと、まず建材の劣化が進みます。

それにより建物そのものが劣化してしまうのは勿論ですが、カビが生えたりすることにより住人の健康にも影響が出てくる恐れがあります。

またその状態が進行すると、修復に時間や費用がかかることもあり、最悪の場合、修復できない場合も出てきてしまうというのも怖い理由の一つです。

ですから雨漏りに対しては、細心の注意を払う必要があります。

スレート屋根で雨漏りが生じる場合、その原因としてまずはスレートの劣化が挙げられます。

スレートの劣化は10〜15年ほどで始まるとされています。

紫外線や温度差による収縮がこれを引き起こす主な要因ですが、劣化が始まると風などでスレートがずれたり浮いたりしやすくなります。

そしてそこから雨水が侵入して、防水層のある部分が傷むことで雨漏りが発生しやすくなります。

あくまで目安ですが、10〜15年経過しているスレート屋根、また台風の進路にあたることが多い地域や降雨量が多い地域の方は、特に注意が必要です。

それからスレートそのものがヒビ割れているというのも、原因のひとつです。

これはスレートの防水性が低くなること、また水を含んだままのスレートが乾燥したり、凍結したりすると発生するとされています。

割れ目から雨水が入ると更に割れが酷くなり、そしてそれが雨漏りにつながってしまいます。

また隙間をふさぐコーキングのはがれも、原因になり得ることです。

コーキングは隙間などをふさぐ役割を果たしていますが、これもやはり経年によって劣化していくものです。

それ以外にも、強風や地震などで発生する強い揺れによってもコーキングはダメージを受け、剥がれていくことがあります。

こうした原因を見逃さないためには、定期的なメンテナンス、また何でも相談できる施工会社との関係が重要になってきます。