HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >スレート屋根の雨漏りについて

スレート屋根の雨漏りについて

雨漏りというのは想像以上に被害が大きいものです。
しずくが落ちてくるから生活に支障をきたすのはもちろんなのですが、
それによって湿度が高くなり、シロアリの巣となってしまったり、それによって人体にも影響を及ぼしてしまうという可能性も十分にあるのです。

そこで、そんな恐ろしい雨漏りを防ぐために、
今回は「スレート屋根」における、代表的な雨漏りの原因についてお話ししたいと思います。

・スレートの浮き
スレート屋根は、紫外線や温度変化によって収縮をします。
劣化が始まると、風や振動などによって少しずつずれてしまうことがあるのです。
ずれが生じると、雨水が侵入してしまうのです。。

・スレートのひび割れ
スレートに水を含んだまま、急激に乾燥や連結が起きると、ひび割れやそりが起きるといわれています。
ひびには、スレートの浮き同様、雨水が侵入しますので、雨漏りの原因になってしまうのです。

・コーキングの剥がれ
コーキングとは気密性や防水性のために、隙間を目地材などでふさぐことをいいます。
そんなコーキングのはがれというのも、雨漏りの原因になってしまいます。
コーキングの劣化は経年的なものがほとんどなので、しっかり定期的にメンテナンスを行うことが必要でしょう。

・棟板金の浮き
スレート屋根の頂点には、旨板金と呼ばれる鉄板部分があります。
ここは最も風圧がかかるので、板金が浮いてしまうことがあるのです。
そのため、雨漏りの原因になると考えられます。

・経年劣化
経年劣化によって、スレート塗膜の剥がれやサビが生じてしまうことがあります。
これらはれっきとした屋根の劣化のサインです。
雨漏りの原因となる可能性も十分に考えられるでしょう。

いかがでしたでしょうか。
ご自宅がスレート屋根の方はもちろん、これからご検討の方もぜひ参考にしてくださいね。