HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >原因がわからない…雨漏りの修理は専門家にお任せ!

原因がわからない…雨漏りの修理は専門家にお任せ!

雨漏りとは、雨水が建物のどこから漏れて家の中に滴り落ちてくることです。雨漏りは天井からだけでなく、実は壁や窓の冊子から起こる可能性もあります。その場合、原因がわからず、修理に手間取ってしまうかもしれません。
今回は、雨漏りの原因としてよく挙げられる4つの例をご紹介します。

1. 屋根の破損部分
屋根は強いダメージを受けることで、ヒビ、漆喰の崩れ、瓦のずれなどが起こります。そこが雨漏りの発生源となるのです。そもそもの原因は台風などの強い雨風や地震、屋根の老化が挙げられます。

2. ベランダのヒビ
雨風に日々晒されている上、人が出入りするため、防水塗膜がとれやすくヒビなどがあらわれやすくなります。排水口をこまめに掃除し、ベランダに水が溜まらないようにしましょう。

3. サッシ枠と防水シートの隙間
施行不良や老化によってサッシ枠と防水シートの間に隙間ができてしまう場合があります。壁を伝って流れ落ちる雨水がこの隙間に侵入するのが雨漏りの原因です。

4. 給排水管
給排水管もサッシ枠と同じく、防水シートとの間に隙間があると雨漏りの原因となります。これは修理の際、原因としてわかりにくい場所ですので注意しましょう。
雨漏りは見つけたらすぐに修理が必要です。被害が拡大しないうちに専門家に相談することをおすすめします。