HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >台風が来る「前」に屋根をチェックしよう(前編)

台風が来る「前」に屋根をチェックしよう(前編)

夏が終わりに差し掛かると、台風の季節に入ります。

ここ数年、台風が大型化し、その被害も大きくなりがちです。
屋根は雨風に直接さらされるため、台風の被害を最も受けやすいと言えるでしょう。

ですので、台風が来る前に、屋根のメンテナンスを行うことをおすすめします。
 
台風による直接的な被害を減らすということはもちろん、台風によって劣化が進まないようにするという目的もございます。

劣化があまりにも進んでしまうと、修理やメンテナンス代が高くなってしまう可能性があります。

今回からは、台風が来る前に屋根をチェックする項目をご紹介します。


まずは、以下の項目をチェックしましょう。

・瓦やスレートの破損、ヒビ、ズレ
・金属屋根のはがれ、破損
・スレートや金属屋根の塗装のはがれ
 
これらの項目に一つでも当てはまれば、放置しておくと建物全体の深刻なダメージにつながる恐れがあります。
直ちに屋根の専門業者に補修の屋根工事を依頼することをおすすめします。
工事には一定の期間が必要なこと、工事中に台風が来たら手遅れなことを考慮すると、早く相談することが良いと言えますね。


ただ、これらの項目に当てはまらないからと言って安心するのはまだ早いです。

今回はここまでになりますが、次回は他の注意すべきポイントをご紹介します。