HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >地震や台風に強い「防災瓦」~予備知識編~

地震や台風に強い「防災瓦」~予備知識編~

みなさん「防災瓦」を知っていますか。
防災瓦とは、台風や地震などの自然災害に強い瓦のことです。
防災瓦のことを知らない方も多くいると思いますので、今回は防災瓦の特徴を紹介していきます。

台風や地震などの自然災害の様子をテレビで見ていると、瓦が剥がれ落ちた住宅の様子がよく映し出されますよね。
そのため瓦は地震や台風に弱いものであるという認識をお持ちの方も少なくはないと思います。
昔の瓦は土の上に瓦を載せて粘着させる土葺きという構造だったので、地震や強風によってズレたり飛んで行ってしまうことがありました。
これに対して防災瓦は地震によってズレたり、強風によって飛んで行ってしまわないように、2つの工夫が施されています。

1つ目は瓦同士が噛み合わさる構造をしていることです。
防災瓦は斜め上の瓦と噛み合わさっている構造をしています。
瓦同士がしっかりと噛み合わさっているので、地震によるズレや強風によってめくれ上がることを防いでくれます。
また瓦の種類によって噛み合わせ方が違ってきます。
平らな形状の瓦によく見られるF型瓦の場合は瓦にあるフックを引っ掛けるロック方式で、
日本の伝統的なJ型瓦には瓦についているジョイント部分を組み合わせるジョイント方式で瓦同士が噛み合わさっています。

2つ目の工夫が桟木に引っ掛けて釘を固定している点です。
桟木とは瓦を留めるために、屋根の上に横に張り渡した角材のことです。
防災瓦には釘を通す穴が開いているので、この穴を通して桟木に釘を打つことでしっかりと固定できます。

いかがでしたか。
瓦は地震や台風に弱いといったイメージをお持ちの方も、防災瓦は地震や強風に強いということを知っていただけたと思います。
ただし、防災瓦は瓦そのものの防災性を向上させたものとなっているため、防災瓦にしたからといって家そのものの耐震性が上がるというわけではありません。
安心安全な住宅環境を整えるためにも、屋根を選ぶ際は是非防災瓦をご検討ください。