HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >天井断熱と屋根断熱(天井断熱編)

天井断熱と屋根断熱(天井断熱編)

前回から、天井・屋根の暑さ対策についてご紹介していました。
まず、「天井や屋根の暑さ対策は行うべき」ということ。
そして、天井・屋根の暑さ対策の方法は
・天井断熱
・屋根断熱
の2種類に分かれるということをご紹介しました。
今回は、天井断熱について詳しくご紹介します。

【天井断熱とは】

天井断熱とは、天井を覆っている天井材の上に断熱材を敷き詰める方法が一般的です。

【天井断熱のメリット】

・断熱材の厚さに制限がない
→断熱材を天井の上に乗せるため、予算やどれだけ断熱したいかに合わせて断熱材の量を変えることができます。たくさん乗せても特にデメリットはありません。

・経済的
→屋根断熱より安く、施工も簡単です。また、屋根より断熱する面積が小さいです。

・冷暖房する空間の容積が小さい
→屋根断熱の場合、小屋裏の空間も冷暖房することになりますが、天井断熱の場合、その必要はありません。その分、冷暖房をする空間の容積が小さくなるため、冷暖房費がお得です。

【天井断熱のデメリット】

・小屋裏の空間は利用できない
→天井の上に断熱材を置くため、小屋裏の空間を利用することができなくなります。

・丁寧な施工が要求される
→施工は難しいものではありませんが、隙間なく敷き詰めるには丁寧に施工を行う必要があります。

今回はここまでです。
次回は、屋根断熱について詳しくご紹介します。