HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電を検討されている方、悩んでいる方、気になっている方は少なくないことと思います。

そこで、今回は太陽光発電のメリット・デメリットについて紹介します。



太陽光発電が注目される背景は、やはり地球温暖化問題です。

地球温暖化は現在も進んでおり、その原因は二酸化炭素などの温室効果ガスであると考えられています。

この地球温暖化対策の一つが、太陽光発電になります。

太陽光発電は、発電時に二酸化炭素を出さず、騒音もなく、排気ガスも排出しません。とても環境にやさしいクリーンなエネルギーなのです。


こんな太陽光発電のメリットの一つは、経済的なことです。

太陽光発電の導入により光熱費が削減できます。

また、余った電力は、電力会社に売ることができるのでとても経済的になります。

さらに、災害で停電になった時でも太陽が照っていれば電気を使うことができるのです。


逆に、太陽光発電のデメリットもいくつかあります。

まず設置する初期費用は高額であることです。

太陽光発電を行うためには、太陽光パネルだけではできません。

それ以外にも設置すべきものが様々あるので、どうしても費用はかさんでしまいます。

また、太陽光発電は太陽の光のエネルギーを電気エネルギーに変換をするので、天候や季節、地域によっては思ったような発電量が得られないと言う事もあります。

つまり、夜間や太陽のでていない時には発電することができません。

そして、中には太陽光発電に向かない家もあります。

例えば、屋根の面積が小さい家などです。

十分な太陽光の確保ができないと利益を生むことはできません。

家庭用であれば4kWの太陽光パネルが設置できる場合はメリットがあると言われています。


このように、太陽光発電は経済的で環境に優しい魅力的なものです。

しかし、デメリットもあるので、しっかり理解した上で導入を検討したいものです。