HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >太陽光発電を導入するタイミングについて

太陽光発電を導入するタイミングについて

以前にも何度かこのブログで取り上げています太陽光発電についてですが

みなさん見ていただけましたでしょうか?

メリット・デメリットそれぞれありましたね。

今回は太陽光発電の導入をお考えになられている方のために

太陽光発電を導入するタイミングについてお話しさせて頂きたいと思います。

 ・導入は早い方が良い

太陽光発電の導入を考えになられている方の中にはいつ導入すべきか、

タイミングに悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

太陽光発電の導入相場は年々下がっているものの、決して安い買い物とは言い難いですよね。

どうしても慎重になり、先送りにしてしまうかと思います。

しかし、私は早い時期に導入することをお勧めします。 

減額、廃止のおそれがある補助金

太陽光発電を導入すると国や市町村から補助金が出ておりましたが年々その額が減っており、廃止したところもございます。

実際、2009年から始まった国による太陽光発電の補助金は価格の下落を背景に2013年で打ち切りになってしまっています。

まだ各自治体単位では補助金を出している地域もございますがだんだん減っていくかと思われます。

補助金が出るうちに導入することをお勧めします

自分の都市ではいくら補助金が出るのかはネットで簡単に調べることができるので、一度確認して見てください(*´ω`*)

・売電価格が値下げしている(;´Д`)

太陽光発電のメリットの一つに売電が可能な点が挙げられます。

太陽光発電で作り出した電気の中で、自宅で使用し切れず残った電気を売ることを売電と言います。

これにより、を太陽光発電行うことで光熱費を抑えるだけでなく利益を出すこともできます。

しかしこの売電ですが買取価格が下がっています。

これは太陽光発電の普及率が高まり、売電する人が増えている事が原因と考えられます。

売電を活用することができれば、、、

工事にかかった費用を支払う期間を短くしてくれます( *´艸`)

少しでも高く売却できるうちに売電する方が断然お得です!!

いかがだったでしょうか?

あくまでもこれは個人的な見解であります。

費用の面や時間が取れないなど個人的な事情もあるかと思います。

よくお考えになり、何かわからないことや、心配ごとがございましたら

お気軽にご相談ください(*´ω`*)