HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >太陽光発電導入の注意点って?

太陽光発電導入の注意点って?

一般家庭でも導入できる電力確保の手段として人気を集めているのが、太陽光発電です。
これは屋根に太陽光パネルを設置して、太陽光のエネルギーによって電力を確保するシステムです。
確保した電力は住宅で利用できるので、電気代削減にもなります。
自然にも家計にも優しい太陽光発電ですが、その半面、抑えておきたい注意点もあります。

まずは導入に際してのコストが高額であるという点です。
これに関しては平均的な導入コストが1kwあたり40〜50万とも言われています。
これは太陽光発電の広がりと共に、年々低下傾向にあるものの、安いものではないでしょう。
つまり設置容量、kw数が大きくなればなるほど、導入に際してのコストは高くなります。


せっかく電力を生み出すのであれば、やはりある程度のまとまった量を発電しなければあまり意味はありません。
しかしそれを実現させるためには、それなりの初期費用がかかると言うのが注意点のひとつなのです。


それから一般住宅の屋根は太陽光パネルを付けるようにできていないと言うのも、注意点としては挙げられます。
つまり今、住んでいる住宅の屋根に太陽光パネルを設置しようと思えば、屋根のリフォームが必要なのです。
太陽光パネルを何枚も屋根に設置すると言うのは、屋根に負担をかけることでもあるので、ある程度、屋根の状況が良くなければならないと言うのは頭に入れておく必要があります。


そして屋根の防水に影響が出る恐れもあると言うのも、知っておきたい注意点です。
これは設置した太陽光パネルが雨、風、雪などによって屋根からずれ落ちないようにする際に、屋根に穴をあけ金具でパネルを固定することが多いのです。


ただこの点に関しては、施工がしっかりと行われていれば発生することはほとんどないとも言われています。
また屋根に穴をあけない工法も導入されています。
このことに限らず太陽光発電導入に際しては、トラブルを防ぐためにもしっかりとした業者を選ぶことが求められます。