HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >尾道の雨樋修理のプロが教える!雨樋が壊れてしまう原因とは?

尾道の雨樋修理のプロが教える!雨樋が壊れてしまう原因とは?

雨樋とは、屋根から流れてくる雨水を集めて、下水に誘導する設備を言います。腐食を引き起こす雨水が住宅に浸入することを防ぐ役割を果たす重要な設備です。万が一雨樋がないと、水が屋根から外壁へ直接流れ、外壁の劣化の原因となります。では、そのような雨樋の故障は何が原因なのでしょうか?

雨樋が詰まっている
雨樋がつまりを起こしてしまうと、そこから水が流れず、屋根に水が溜まってしまいます。特に、雨水を集めるための集水器と、下方向に水を流す「堅樋」と呼ばれる部分です。雨樋のつまりを引き起こす最大の原因はゴミです。特に落ち葉が詰まってしまうことが多いので、気を付けましょう。

経年劣化
20年を超える雨樋は劣化により、修理が必要になってきます。経年劣化した雨樋は穴が空いたり、家屋からはがれたりしてしまいます。早めにリフォーム工事を依頼をするようにしましょう。

突風や積雪による故障
自然災害によっても雨樋は故障してしまいます。特に2階にある雨樋は突風や積雪の影響を受けやすい特徴があります。このように災害によって雨樋が壊れてしまった場合、火災保険の対象となるので、調べてみましょう。

いかがでしたか?今回は雨樋の故障の原因を簡単にご紹介しました。ぜひご参考にしてください。