屋根における雪止めの必要性

みなさんは「雪止め」がどのようなものがご存知でしょうか。

雪止めとは、屋根に積もった雪が滑り落ちてこないようにするためのものです。

これは、瓦やスレートといった屋根材に取り付けられることが一般的です。

中途半端に屋根に雪が積もる、といった地域にはつけることをおすすめします。

とはいっても、なぜ必要なのかと感じる方もきっと多いことかと思います。

そこで今回は、「屋根における雪止めの必要性」についてお話ししたいと思います。

まず、大前提として雪というのは想像以上に重たいものです。

確かに遊ぶ分には軽いかもしれませんが、屋根の上から落ちるとなると、破壊力はとても強いものになってきます。

軒先の下にカーポートや通路などがある場合、そこにいる人やものに当たってしまうと考えると恐ろしいですよね。

また、軒下にそれらのものがなかったとしても、隣の家と近い場合は注意が必要です。

敷地内に雪が落ちてきたことでご近所トラブルに発展するという例も少なくありません。

落雪が隣の家にまで届くようなら事前に雪止めをしていたほうが安心ですよね。

さらに、落雪は雨どいにも影響を及ぼすことがあります。

雪止めがない場合、屋根から雪が落ちてくる際に、雨どいに引っかかり、その重さで雨樋が外側に開いたり、外れることがあるのです。

大切な水の通り道である雨どいが雪で封鎖されてしまったり、壊されてしまっては大問題です。

このようなことを防ぐのにも、雪止めは効果的だといえるでしょう。

また、この雪止めはDIYでつけようとする方も近年多いようです。

しかし、可能なことは可能でも、専門業者への依頼をおすすめします。

高所での作業になりますし、もしうまく取り付けられなかったら雪とともに雪止めが落ちてしまうなんていう危険性も考えられます。

自信のない方は専門業者に依頼しましょうね。

雪が降ってから行動するのではなく、なるべく早めに行動をおこし、いつでも降雪に対応できる屋根にしましょう!