HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >屋根のリフォームが必要な理由とは?

屋根のリフォームが必要な理由とは?

「リフォーム」
ひとえにこの言葉が最近ではよく使われていますが、実はリフォームにもいろいろな種類があります。

そんな中で屋根のリフォームというものがあります。
雨漏りもしていないし、ヒビが入っているところも見当たらない、特に色が落ちている場所も見当たらない、それなのになぜ屋根のリフォームをしなければいけないのでしょうか?

今回はそこのところを詳しくお伝えしていこうと思います。
塗り替えが必要な期間は場所やその地域の気候、元の状態にもよりますが、新築の場合は5年ほどで手入れが必要となってきます。
これはあくまでも目安です。

しかし注意しなければいけないのは、場所や部分によっても変わってきます。
木の部分や鉄の部分は3年ほどで劣化してきてしまいます。
天井にシミが出来ると黄色信号ですので、点検を行ってもらうように依頼することが一番早いと思います。

屋根の塗り替えリフォームが必要な理由としましては、日々の太陽からの紫外線や雨風によって壁が少しずつ傷んでくるからです。
屋根塗装に劣化や傷みがあると雨が降った時に隙間から浸水をして、天井全体が駄目になってしまうこともあります。

さきほどもお伝えした通り、水はけがしっかりしていないと快適な生活がいずれおかされてしまいます。

アフターケアとして、塗装を行ってくれた業者が点検やメンテナンスを行ってくれるところなら良いですが、そういったサービスが無いところなら見積もりや点検を他社で依頼することをお勧めします。

株式会社南瓦工房では安心の15年保証を行っているため、その点はご安心ください。

大規模な雨漏りだけでなく、ほんの些細な点検・補修もしっかりと手抜きなしで行っていきます。

詳しくはこちらからお問い合わせください。
屋根工事・屋根リフォームは株式会社南瓦工房へ
http://minami-kawara.jp/