屋根の劣化症状とは

家というのは生きていくうえで多くを過ごす場所でしょう。
そのため、安全で、快適な場所であってほしいと感じる方が多いかと思います。
そんな中でも、屋根というのは雨や風など多くのダメージから家を守っているのです。


その分傷みやすいのでしっかりとメンテナンスを行うことが必要でしょう。
とはいっても何をもって屋根を劣化しているのか判断するのは難しいかと思います。
そこで、今回は「屋根劣化の症状」をいくつかご紹介したいと思います。


・藻やかび
水分が付着することで発生します。北側の屋根でみられることが多いです。
これらは一見何の問題も無いように感じることでしょう。
しかし、長い目で見ると屋根はもろくなってしまうのです。


・さび
経年劣化で金属がさびてしまうことも劣化症状の一つだといえます。
スレート瓦の場合は、スレート自体がさびることはなくても、
周りにある鉄がさび、それが流されて屋根に付着することもあるので注意しましょう。
そのまま放置しておくと、屋根材に穴が開き、雨漏りの原因となることもあります。
さびが出てきたら軽く扱わず、対処法をしっかりと検討することが必要です。


・雨漏り
建物の老朽化が多くの原因。具体的には、瓦のずれや雨どいのつまりなどが挙げられます。
放置してしまうと家へのダメージは大変大きくなってしまいます。
壁などが濡れてしまうと、地震に弱い家になることも考えられるでしょう。
また、湿気が多いところを好むシロアリの格好の住処にもなりかねません。
このような状況下だと、家族の健康にも問題が出てしまうことは容易に想像できるでしょう。
なるべく早い行動が必要です。

いかがでしたでしょうか。
このように屋根の劣化の症状にはいくつかの種類があります。
屋根は高いところにあるのでなかなかメンテナンスをすることも難しいかもしれません。
専門業者に一度見てもらい、我が家の屋根の状態を把握するのもいいのではないでしょうか?