HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >屋根の工事を地方業者に依頼するメリット(前編)

屋根の工事を地方業者に依頼するメリット(前編)

前回までは、屋根に関する工事を大手の業者に依頼するメリットとデメリットをご紹介してきました。

今回からは、地方業者編となります。
まずは、地方業者のメリットについてご紹介します。

地方業者のメリットは、
・費用を抑えられる。
・地域にあった施工ができる。
・意思疎通がスムーズかつ正確である。
などがあげられます。

・費用を抑えられる
意外に思うかもしれませんが、地方の業者を選ぶ方が大手の業者を選ぶより費用を抑えることができます。
もちろんこれは、「安物」を使っているわけでは決してございません。
「無駄な費用」を抑えられているのです。

前回のページの、大手業者のデメリットでもご紹介しましたが、大手業者に依頼した場合、多くの場合は下請けの業者に施工を発注します。その際に中間マージン(取次料金)が発生してしまう分、料金が上がってしまうのです。

それに対して地方の業者の場合は、自社の社員で塗装を行うことがほとんどですので、費用を抑えることができるのです。

・地域にあった施工ができる
地域にあったというのは、「見た目」の部分はもちろん、「質」の部分についても当てはまります。

建物の屋根にはその地域や気候に合った素材や色が使用されています。
気候に合わない素材や色を利用すると、劣化が早くなる可能性があります。
屋根には、その地域にあった素材や色を利用することが大切だということです。

大手の業者にはデータはたくさんあるものの、地域性に関しては地方の業者に軍配が上がります。


いかがでしょうか。

今回はここまでになります。
次回は残りのメリットについてご紹介します。