HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >屋根の工事を大手業者に依頼するデメリット

屋根の工事を大手業者に依頼するデメリット

前回は、屋根に関する工事を大手業者に塗装を依頼するメリットをご紹介しました。

今回は、デメリットについてご紹介します。
デメリットは、
・料金が高い
・意思疎通をとりにくい
ことなどです。


屋根の工事大手業者に依頼したとしても、実際に施行をしてくれるのはその業者とは限りません。むしろ、他の業者が施工する方が多いです。

多くの場合は、大手業者が下請けの業者に発注し、その業者が施工します。
そして、下請けの業者がさらに別の業者に発注することもあります。

そうなってくると、少しずつ料金が上乗せされるのはお分かりですよね。

また、問題はそれだけではありません。
契約をする業者と施工をする業者が異なると、意思伝達の風通しが悪くなります。

希望がうまく伝わっていなかったり、伝達事項がきちんと伝わっていない場合がございます。

屋根の工事は安いものではありません。
そのうえ、家電製品などのように返品できるものでもありません。

施工を行ってから、「こんなはずじゃなかった・・・」と思ってしまっても、もう手遅れですので、しっかりと意思疎通をとる必要があります。


さらに、大手の業者は地方の業者に比べて配置転換が多くあるため、担当者が代わってしまうことがしばしばあるため、自分の家にじっくりと向き合ってもらえない可能性がございます。
「データ」としては残っているものの、担当者が代われば戸惑ってしまうかもしれません



いかがでしたでしょうか。

大手の業者の紹介は今回で終了となります。
次回からは、地方の業者編ということで、まずは地方の業者の長所を紹介します。