屋根の形と種類

みなさん、自分のお家の屋根がどのような形をしているかご存知ですか?

一口に屋根といっても、実はたくさんの種類の屋根があるのです。

今回は、屋根の種類とその特徴について紹介します。


○切妻屋根

現在、一番最も多い屋根の形です。

三角屋根と聞いたら、すぐに頭に浮かんでくる形が切妻屋根です。

和風、洋風のどちらの住宅にもマッチします。

構造であるために、安価で雨漏りもしにくいです。

しかし、屋根面が東西向きの場合、太陽光パネルの発電効率が悪くなってしまいます。


○寄棟屋根

4方向から屋根面を寄せて支え合っているので、耐風性は一番強いといわれています。

切妻屋根と並んで人気があり、和風、洋風のどちらの住宅にもマッチします。

台風などの災害時に一番強いといわれていて、耐久性の高さが特徴です。

ですが、棟部分の構造が少し複雑であるために、雨漏りが起きやすくなっています。


○片流れ屋根

近年、多く用いられる屋根です。

特に敷地の狭い住宅で積極的に採用されています。シャープな屋根頂上が特徴的で洋風住宅によく似合います。

切妻屋根と同様に、構造が単純であるため価格が安価で、雨漏りもしません。

また、デザイン性が高く、二階の屋根裏のスペースを広く確保できることも魅力です。

デメリットとしては、屋根面が北向きの場合、太陽光パネルが付けることはできず、1面で受ける雨量が多いので、大きな雨樋の必要であることが挙げられます。


○入母屋屋根

昔から日本にある伝統的な形です。

圧倒的に瓦作りの屋根に多く、まれにスレート屋根でもこの形が採用されていますが、和風住宅にとてもよく合います。

屋根裏の通気性や断熱性が高く、4面から構成されているので耐風性も高いのが特徴で、独特の重厚感があります。

しかし、修理をする際は、取り合い部分が多く高い技術が必要でその費用が高くなってしまうことが多いです。


他にも、屋根の形状はあります。

以上のように屋根の形状によってメリット・デメリットがあります。

また、太陽光発電に向かない屋根などもあります。

ご自宅の屋根はどのような形状で、どのような特徴を持つ屋根か把握しておくことは、新たな機能を付ける際や、メンテナンスの際に重要です。