屋根の災害対策

屋根は住宅の部位の中でも特に大切なものの一つです。

住宅の目的は雨露から住人を守ることで、住宅の基本構造はや根を支えることが目的であるとも言えます。
大切な屋根を災害から守るためには、建設当初より準備が必要です。


また、改築等によっても屋根を災害に強いものに変えていくことができます。

地盤の比較的弱い場所に住宅を建てる場合は、屋根の材料は軽いものにする必要がありますし、
地盤が弱い場所では、瓦などの重い屋根は建物の構造部分に大きな負担をかけていしまいます。


そのような地盤の弱い場所での屋根材で薦められるのがガリバリウム鋼板を使用した金属屋根です。

従来の亜鉛鉄板製の屋根に比べて耐久性に優れ、しかも経済的負担も軽いのが特徴です。

地盤が弱い場所では始めから瓦などの重い素材を使用せず、ガリバリウム鋼板を使用した金属屋根を使用することで、災害に強い建物とすることができます。



そして、地震により被害を受けた住宅に今後も住み続ける場合も、重い屋根を葺いている場合はガルバリウム鋼板に葺きかえることが今後の対策になります。

地盤が比較的良い場所では、しっかりとした土台をつくることによって、瓦屋根は安全になることが知られています。

瓦は屋根材の中でも性能面で優れ、特に耐火性と耐久性には秀でているので、
条件さえ整っていれば、屋根材に瓦を選ぶことは大いに薦められます。

瓦の重みによって縦揺れを軽減できるので、地震にも有利に働く場合もあります。



建築基準法では瓦などの重い材料を屋根に用いる場合は、筋違い等を軽い材料を使った屋根と比べて余分に入れることが定められています。

構造そのものを始めから強く造っておくことで瓦屋根の優位性を十分に享受することができるのです。

そして、現在では瓦屋根を台風の時でも壊れにくいものにする工法が確立されています。

初期投資を余分にかけることで、将来にわたって災害に強い屋根にすることができるので、
長期的にみると、初期費用が高額になっても、しっかりとしたものを選ぶことが結果的に安くつくということなのです。



このようにポイントをおさえて、災害に強い屋根を作ることが家を守るためにも重要であるといえるでしょう。