屋根の色の選び方 その1

皆さん屋根をリフォームする際、どこにポイントを当てて考えていますか?
デザインや機能面などいろいろありますが、美しさや、可愛らしさなど外観を意識するなら屋根の色も重要になってきますよね。

屋根をリフォームすることは家の外観の雰囲気を大きく変えることができます。
​自分の望み通りの色や雰囲気になる場合はいいのですが、中には塗装してから「思っていたのと少し違うなぁ」と思われてしまうケースもございます。
今回はそのような失敗をしないために色選びのポイントについてお話しいたします。



・目の錯覚に注意しよう
色は大変不思議なもので同じ色のはずなのに見方によっては違う色に見えてしまうのです。見え方が違ってくると冒頭でお話ししたように選ぶ時にはいいなと思っていた色でも、実際塗装してみると違う色に感じてしまいます。どのような時に見え方が変わるのか説明していきます。

1、面積効果
面積効果とは、面積が大きい所と小さい所では色の見え方が異なる現象です。同じ色で塗られている壁でも大きい方が、小さい方に比べて薄かったり明るく感じてしまいます。カラーサンプルで色を選ぶ際は希望の色よりもワンランク濃いめの色を選ぶと塗装した際に面積効果で薄く感じるといった失敗を防ぐことができるでしょう。

2、光源
色はどこで見るかによっても見え方が違ってきます。これは、光源による影響です。光源とは太陽や電球のように自ら光を発するもののこと言います。そして、太陽の光の下で見るのと、蛍光灯の下で見るのでは色が違って見えてしまうのです。色を選ぶ際は屋外で決めると条件が同じになるため、光源による失敗を防ぐことができます。


・周りの環境を配慮しよう
色選びの際気をつけるべきことはもちろん目の錯覚だけではありません。自分の周りの環境も考慮して色選びをしましょう。あまりにも個性的な色にしてしまうと、周りから浮いてしまったり、背景を崩してしまうケースがあります。目立つ色にする際は事前にご近所の方と話し合いトラブルを防ぎましょう。


いかがだったでしょうか?色を選ぶ際は自分の好みだけで選ぶのではなく上記のことを考慮して決めてみてください。