屋根は変えるべきなの?

屋根の役割には、雨や風などの天候の変化、太陽の強い日差し、大気中の埃や粉塵などを防ぐ働きがあります。

他にも建物や住居などの景観を維持する役割も持っており、人々が安心で快適な暮らしを実現する上でも必要な存在にもなります。


屋根に使用される材料には様々とあり、例えば植物、鉱物・窯業製品、金属などの材料に分けられます。

当然、使用される材料によっては、屋根が劣化することによって、外装、内装に影響が及ぶ場合もありますので、どんな材料を用いていても定期的にメンテナンスを行うことは必須となります。


メンテナンスを行う理由としては、材料によっては耐久性に違いが存在するので、仮に屋根の耐久を失うと家の柱や梁などの重要な部分の耐久性を損なう可能性もあるからです。

例えば、植物性の材料の場合、長年の雨風や日光に晒されることで、損傷が激しい状況となることもあります。


当然、損傷が激しくなれば、そこから徐々に建物の様々な部分を損傷させる可能性も高くなります。

そこで屋根を新しくすることで、家を長持ちさせることができるのです。



また屋根を新しくすれば、それだけ耐久性が生まれてくるので、外装や内装に劣化の影響が及ぶことも少なくなります。

一般的に古来より、日本の屋根に使われる代表的なものとしては瓦が存在し、瓦は窯業製品となりますが、それを使用することは耐久性にも優れるという特徴があります。

しかも耐久性に優れているだけでなく、この屋根の瓦を変える事によって、家の外観を保つことができるメリットも存在します。

例えば、歴史的な神社仏閣や建造物などでは瓦の存在によって、厳かな外観の雰囲気を作り出す効果を持っていたりします。


瓦を組む場合には、様々な工法が存在しますが、併せて塗装などを行うことによって、付帯効果が得られる場合もあります。

付帯効果には美観を良くする効果を始め、瓦自体を保護し湿気や太陽の照射などから守る効果が期待できます。



そろそろ屋根をリフォームしようかなと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。