HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >屋根をリフォームする際の注意点 その1

屋根をリフォームする際の注意点 その1

前回、屋根をリフォームすることの利点ついてお話しさせていただきました。
屋根をリフォームすることで色やデザインが変わり、家全体のイメージチェンジを行うことができたり、ひび割れを補修することで、雨漏りを防ぎ、耐久性を向上させることができるのでしたね。

記事を読まれた方の中に屋根のリフォームを検討している方もおられるのではないでしょうか?今回はそんな方のために、屋根のリフォームを行う際に気をつけるべきポイントについてお話しさせていただきます。よろしくお願いいたします。

・強度を確認しよう
屋根があると言うことはそれを支える柱もあると言うことです。上に乗っている以上、下で支えているものはどうしても負荷がかかってしましいます。

元が金属製など比較的軽い素材で作っていた場合、それを支える柱もその重さを基準に柱の太さや、壁の強度を決めております。

もし、リフォームの際に軽めの素材から重めの素材に変更する場合は、その重さに十分耐えることができるか念のためチェックすることをおすすめします。

・塗装の相場を知ろう
屋根という一部分であるもののやはりリフォームとなるとかかる費用は決して低くはありません。費用は屋根の大きさや、使う材料の種類、またお住まいの地域などによっても異なってきます。
多数の業者の方に見積もりを依頼し、どれくらいの相場なのか知っておくと費用面での失敗は少なくなるでしょう。

気をつけてほいし点は、単に安さを追い求めるのではなく金額に対してどれだけのことをしてくれるのかバランスや納得感で判断してください。使用できる塗料は何か、期間はどれくらいかかるのかなど細かく確認すると良いでしょう。屋根は家を守るという重要な役割を持っています。家の安全、家族の安全のためなら多少の出費は仕方のないことかもしれません。

いかがだったでしょうか?
悲しいことですがどの業界にも利益だけを優先的に考え、お客様の思いをふみにじる悪質な業者というものは存在します。
そのような業者に騙せれないためにも自分で知識を深めることが大切です。