屋根を変える時期はいつ?

屋根の上はなかなか見ることがないので状態を確認することがあまりありません。

しかし屋根は紫外線や雨が直接当たる部分で、さらに大気中の汚染物質が付着しやすいので、
定期的にメンテナンスをしなければ、ひび割れを起こって雨漏りを起こす可能性があります。


雨漏りが起きたら室内にまで湿気が及んでしまい、大がかりな補修になってしまいます。

そうならないためにも、屋根を変える目安を把握しておくことが必要です。

そこで今回は、屋根を変える時期についてご紹介します。



まず、屋根を変える時期は日本瓦で築25年ほど、手入れをしていない場合はもう少し早めに変える必要に迫られることがあります。

またストレート瓦で10年程手入れをしていない場合は、劣化が進んでいるので変える必要がある場合もあります。

定期的に塗装作業を行っていれば、塗料が屋根瓦を守る役割をはたしてくれます。


さらに、塗料に撥水性や防水効果があるものを使用すれば、雨水をはじき、大気中の汚染物質を付着しにくくさせて、カビや苔などが生えにくくなります。

屋根塗装などのメンテナンスをしていない場合は、日本瓦で25年ほど、ストレート瓦で10年ほどが張り替えの目安になっています。


もし屋根を手入れしなかったり、張り替えることをしなければ劣化が進んで雨漏りを起こしてしまうので注意が必要です。



劣化を判断する方法としては、目視で行うことができます。

屋根が白っぽく変色している場合は、瓦が劣化していて、塗膜などがはがれてむき出しになっていることを示しています。

白っぽいのは劣化のサインだといえますから、そろそろ変える時期を検討する必要があります。


そして屋根に生えたコケやカビなどで黒や緑色っぽくなっている場合は、かなり劣化が進んでいることを示しています。

コケやカビが発生していると見栄えもよくありませんし、雨水などが溜まりやすくなっているのでコケが生えやすくなっているといえます。

瓦がずれていたり、ひび割れを起こしている場合もありますから、すぐにでも業者に依頼して状態確認をしてもらうことをおすすめします。


早めに対策をすることで、工事費用も抑えることができるので、定期的に屋根の劣化が進んでいないかを確認しましょう。