屋根工事でのご近所トラブル

家を労わって屋根工事をしようと思い立つのは素晴らしいことです。

しかし、その工事をする際に見落としてはいけないことがあることをご存知でしょうか。

その注意すべきポイントとはご近所への配慮です。

ご近所への配慮が欠けると、トラブルのもとになることもあるのです。

ではいったい、「配慮」といってもなにをすればいいのでしょうか。

まずは工事が始まる前にご近所さんへ挨拶をすることをおすすめします。

工事内容や日程の予定を伝え、理解してもらうことで、近所の方のストレスはかなり軽減されるでしょう。

挨拶はなるべく着工の1週間前までには行うようにしましょうね。

また、養生の範囲もしっかりと確認しておくことも大切です。

養生とは塗装したい部分以外のところに塗料がつかないようにシートやテープなどで覆うことを指します。

これは、屋根工事の中でも塗装の場合に必要となるものです。

近所への塗料の飛散の可能性がある場合は特に気をつける必要があるでしょう。

さらに、ペットや車など、工事によって被害をこうむる可能性があるものは事前に避難させるというのも一つの考えでしょう。

ご近所の方の車なども、養生では安心できないという方にはこちらのほうが良いかもしれません。

一時的にコインパーキングなどにするなど、対処方法を考えてみましょう。

最近ではこのようなご近所への配慮をしてくれる業者も多いといわれています。

そのような配慮をしてくれると、安心して工事を依頼できますよね。

実際に、周囲への配慮ができる業者は有料の場合も多いです。

その点も条件として業者を決めるのもよいでしょう。

いかがでしたでしょうか。

工事でご近所トラブルを引き起こしてしまうケースは少なくありません。

しっかりとご近所さんの気持ちになって挨拶を行い、周囲の方も、みなさんも、全員が気持ちよく終われる屋根工事にしましょうね!