屋根工事のタイミング

屋根の工事を行う必要があるとわかっていても、そのタイミングが分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は屋根工事のタイミングについてお話ししたいと思います。

とはいっても一概にそのタイミングをといっても難しいので、屋根の種類に分けてタイミングを考えていきましょう。

・瓦屋根
耐久性や断熱性、遮音性が大きな魅力とされている瓦屋根。

こちらの葺き替え目安時期は25~30年程度だといわれています。

瓦自体は100年以上持つことも多いようですが、下地が傷んでしまうため、メンテナンスは必要でしょう。

・スレート屋根
メンテナンスの目安は約10年だといわれています。

また、葺き替えやかさねぶきは20~25年で行うのが良いでしょう。

・板金屋根
板金屋根のメンテナンス期間は15~20年程度です。

屋根材がさびてきたら交換することをお勧めします。

また、8~10年で塗装を行うのも長持ちに効果があるので検討してみてください。

・銅版屋根
メンテナンス目安時期は30年程度が一般的です。

屋根材自体は丈夫なのですが、下地が傷んでしまうため、下地の修復工事を行うことが多いようです。

上記に述べたものが屋根工事のタイミングとして一般的なものです。

しかし、場合によってはもっと早く工事をしなければならないこともあるでしょう。

そこで、自分で行える点検ポイントも紹介しておきますね。

点検ポイントとしては
・瓦が割れていないか
・瓦が欠けていないか
・瓦がずれてはいないか
・屋根が波打ってはいないか
・屋根に草・苔が発生していないか
・天井や壁紙にシミが見られないか
などがあります。

これらが当てはまる場合は、すでに屋根が傷んでいる可能性があります。

なるべく早く専門業者に相談するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。

この機会に屋根の状態や屋根工事について一度考えていただければ幸いです。