屋根材ごとの正しい点検方法

自宅の屋根の点検は普段なかなかしないと思いますが、ある程度築年数を経てきたら、一度点検してみることをおすすめします。

屋根に使われている材料ごとに、点検する際のチェックポイントは異なります。

屋根に使われる屋根材には、瓦・スレート・金属があります。


まずは、瓦についてです。

最初に、屋根に上がって全体を目視してみます。

瓦がはがれていたり割れていたりする場合は、目立つのでこの時点ですぐにわかります。


次に、屋根の平らな部分を点検します。

この時、平部の瓦のズレを見てみましょう。

瓦を横から見て、水平なラインが保たれていれば大丈夫です。

デコボコしている場合は、瓦がずれている可能性があります。

さらに、瓦の形状の確認をします。

瓦の色や形・大きさなどを調べて、手に入る品物なのか、もうすでに廃盤になったものなのかを調べることもできます。

そして、瓦を一枚持ち上げて、瓦の固定方法を確認しましょう。

この時、錆びた鉄くぎで固定されているのが一番問題になります。

持ち上げると下地が見えますので、破れや穴あきがないかどうかもチェックします。

固定している鉄くぎが錆びている場合や、下地の劣化を見つけた場合は、すぐに修理することをおすすめします。


スレートや金属が屋根材として使われている場合は以下のようにしてください。

瓦と同様に、まずは、屋根に上って全体を目視します。

確認した上で割れている部分や欠けている部分などを見つけることができる場合もあり、同時に表面の塗装の状態を確認することも大切です。

塗装は剥げ落ちてしまっている場合では、水はけが悪くなる可能性があり、塗り替えを行う必要が出てきます。

棟包の木下地の状態を確認することも良い方法です。

通常では釘打ちによって固定されているものですが、釘が浮いてしまっている状態では木下地が腐食している可能性があり、早期発見が重要です。


以上のように使われる屋根材によって、点検・確認すべき場所が異なります。

屋根は高いところにあり、安易な気持ちで上がるのは危険です。

くれぐれも、注意してください。

広島での屋根の点検でしたら、当社にお任せください。