招き屋根の特徴とは

屋根には様々な形があります。
日本家屋で最も多い物は勾配が両側にあり、その頂点で結合されている切妻屋根と呼ばれるもので、雨風に強く、雨水が流れ落ちやすいというメリットがある反面、天井のスペースを効率的に使いにくいといったデメリットもあります。

そのため、最近では建築技術の向上とともに様々な屋根の形が採用されることが多くなっています。
その中で、注目を集めているのが招き屋根と言われるものです。

招き屋根は切妻屋根の一方の屋根面を長くして、もう片方を短くした屋根のことで、屋根面の片側が急勾配で片方の屋根上部に壁を作るので、室内空間が高くなるという特徴があります。
ロフトや天井裏の物入れスペースを作りやすい屋根形状となるほか、2枚の屋根の間に壁ができる形となりこの壁に窓などを取り付けることも可能になるため、通常の切妻屋根などにロフトや天井裏の物入れスペースを作る場合に比べて明り取りや風抜きが作りやすい構造となります。

但し、招き屋根の欠点は屋根と壁の結合部に雨水がたまりやすく、十分な対策を行わないと雨漏りのリスクが高まるというところにあります。
また、風向きによっては屋根の立ち上がり部分に強い風が当たり吹き上げられるため、強度についても十分な考慮が必要になります。

しかし、招き屋根には他の屋根の構造では得られない解放感があります。
また、デザイン面でも印象が強いため、狭い土地に家を建てる場合などには検討したい構造でもあります。
ロフトや天井裏の物入れスペースを作りやすい屋根形状になっているため、物理的に3階建てが建てられない場合でも、3階建てのような解放感が得られることが大きな特徴です。

招き屋根は低い側の屋根の勾配が太陽光パネルの設置の際には非常に有利な屋根でもあります。
そのため、最近では太陽光パネルの設置に合わせ、招き屋根を採用する住宅も増えています。