HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >放置すると危険?福山の雨漏り修理業者が教える2次被害とは?

放置すると危険?福山の雨漏り修理業者が教える2次被害とは?

雨漏りを放置しておくと、天井や建築材の腐食が進むことは知られています。しかし、雨漏りの恐ろしさはそれだけではありません。

実は住宅の腐食以外にもたくさんの二次被害があるのです。
このような被害は雨漏りを放置しておくと発生し、被害が広まれば広まるほど修理することが困難となります。

今回はそんな雨漏りの二次被害をご紹介します。

健康被害
雨漏りを放置しておくと、住宅だけでなくそこに住む人の健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。例えば、雨漏りが原因でカビが生えてしまい、アレルギーや喘息、鼻炎が引き起こされたりします。また、湿気が充満した部屋で生活していると、心身の負担となりストレスが溜まっていくなどの被害が考えられます。

害虫被害
人間には不愉快な湿気やカビでも、シロアリやダニには好都合です。雨漏りが進行し、湿気が溜まった住宅には、シロアリやダニが住み着きやすいことが明らかにされています。特にシロアリは、木材の内部に巣を作り大きな被害をもたらします。

また、寝具にダニが発生してしまうと、アレルギーを引き起こすなど、健康上のリスクがあります。水を好むのは虫だけではありません。
ドブネズミなども雨漏りが起こっている住宅に住み着きやすいと言われています。


いかがでしたか?
今回は雨漏りを放置しておくと起こってしまう二次被害を特集しました。
このような被害が出る前に雨漏りの修繕を行いましょう。