業者が雨漏りを見つける方法

専門の業者に雨漏りの修理を依頼した場合、まず行われるのが雨漏りの原因を特定するということです。
業者が雨漏りを見つけるための調査方法にはいくつかありますが、屋根に上ったり屋根裏に入ったりして目視確認が行われます。
この調査は無料で行っている業者もあります。
目視調査の結果については、検査員の経験や実績により異なります。

次に行われるのが、散水調査と呼ばれる方法です。
これは、雨漏りの原因と考えられる場所にホースで散水し、雨漏りを再発させることで確認するものなのです。
目視調査を行うよりも大掛かりであり、手間も時間も必要とする調査方法ですが、この調査を行うことにより、高い確率で原因を特定することが出来るのです。

また、発酵液を流し込み、紫外線を当てて発光した箇所を特定することで、雨漏り箇所を特定する発光液調査があります。
雨漏り箇所が複数あるという場合に用いられる調査方法であり、発光液の色を変えることにより、どの雨漏り箇所からどこへと雨水が染み出しているのかをひと目で知ることが出来るのです。
検査に使用する液体については、退色・変色が見られず、数日で発光しないものがほとんどですが、心配なようであればあらかじめ退色や変色について確認しておきましょう。
また、万が一そのような事が見られた場合の保証があるのかも確認することでトラブルを防止することが出来ます。

散水調査の補助的な調査として赤外線カメラを用いて温度差を確認する赤外線サーモグラフィー調査が行われることがあります。
本来であれば、同じ条件のもと赤外線撮影をした場合には、温度に大きな違いは見られませんが、雨漏りなどの異常が見られる場合には極端な温度差が生じることがあります。
この調査は雨漏り箇所が壁際にあると考えられる場合に向いている調査であると言えるでしょう。