瓦屋根の魅力

日本ならではの瓦屋根を新しい家の屋根に検討している方も多いのではないでしょうか。

今回は、瓦屋根の魅力についてご紹介します。


まず、屋根瓦の魅力は美観的性能が高いことです。

日本の伝統的な家屋に屋根瓦は欠かせない存在で、
堂々した見た目によって、家紋も屋根瓦だからこそ飾ることができます。


また、瓦の素材は陶器なので、形や色を少し変えるだけで様々な建物と調和します。

平板瓦や混ぜ葺きといった新しい瓦は、洋風建築に使われています。


他にも屋根瓦にすると遮音性が高くなることも魅力です。

瓦自体に厚みがあり、屋根下地と瓦との間にもスペースができるので、大雨が降っても室内は静かなことが多いです。



そして、耐久性が高くなることは、地震大国の日本において重要なポイントです。

建物に使われる屋根瓦は、改正建築基準法に法ってガイドライン工法が定められています。

これは何回も試験を繰り返て安全性が確認されたものが使われているので、確実性が高いです。

地震の揺れによる衝撃は、屋根の棟部を大きく破壊することがありますが、
ガイドラインでは滑部に1Gの力に耐えられる強さを持つことを基準としています。

これは阪神淡路大震災クラスの揺れでも屋根瓦が壊れることなく、家やその住民を守れるということです。


さらに、日本は台風も年に数回〜数十回訪れますが、風に関しても50年に1回といわれるほどの強さに耐えられます。

瓦屋根にすること建物は重くなるので、それを支えられるだけの柱と壁を作るため結果的に災害に強い建物が完成します。



このような魅力だけでなく、メンテナンス費用が安く済むという理由で屋根瓦にしている人も多いです。

築10年や20年の定期的なメンテナンスは必要ですが、他の屋根材と比べると紫外線やサビによる劣化がないため修繕にお金がかかりません。

金属の軽い屋根のように塗装をしていないのが特徴です。

瓦は釉薬を焼きつけたり燻化して単度膜を作ったりすることで、特有の色を出すことができ、
炭素膜の色は時間が経つと変化しますが、これは劣化ではなく瓦全体に味が出たとして見栄えが良いものなのです。



これから屋根を検討するという方は是非一度瓦屋根を検討してみてはいかがでしょうか。