HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >瓦屋根は地震に弱いという間違った認識

瓦屋根は地震に弱いという間違った認識

皆さんは大地震で瓦屋根の建築物が倒壊している映像を見たことがありますか?

阪神淡路大震災が起こった時、屋根瓦の建築物が倒壊してしまっている映像が多く流れ、瓦屋根は地震に弱いといったイメージがもたれるようになってしまいました。
では実際に瓦屋根は地震に弱いのでしょうか。
本当はそうではありません。
今回は瓦屋根が地震に弱いわけではないということをお話ししていきたいと思います。

瓦屋根が地震に弱いという認識がいつから広まったかというと、先ほども述べた通り1995年に起こった阪神淡路大震災以降です。
瓦屋根の建物が多く倒壊していましたが、これらが倒壊してしまった一番の原因は「建物自体の構造躯体」にありました。


構造躯体とは建物の主要な構造体、または骨組みのことです。
これがしっかりしていることは耐震強度が強いことを意味します。
耐震強度の基準関して1981年に大きく改正されました。


阪神淡路大震災でも、倒壊した建物の多くは1981年以前に建てられたものだったようです。
つまり震災で倒壊した建物は構造躯体そのもののが弱くて古い建物で、当時使われていた屋根材は瓦屋根が主流でした。

同じ耐震強度をもつ建物で瓦屋根と他の軽い屋根材であれば、もちろん軽い屋根材のほうが地震には強いことが証明されています。
これは軽い屋根材のほうが地震が起こった際に建物の揺れを軽減することができるからです。


しかしながら建物の基盤である構造躯体が弱ければ、そもそも地震に耐えることはできません。
建物そのものが弱いと軽い屋根材であっても倒壊してしまいます。

いかがでしたか。
瓦屋根だからといって地震に弱いというわけではないことをご理解していただけたと思います。
それでも瓦屋根にするのはまだ不安があるという方は防災瓦というものを屋根材に試してみると良いかもしれません。


防災瓦とは防災性の高い瓦のことで、最近、屋根材に防災瓦を使うご家庭も増えてきています。
屋根材でお悩みの方は一度瓦屋根をご検討してみてください。