HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >知っておきたい屋根修理の際に適応される火災保険

知っておきたい屋根修理の際に適応される火災保険

皆さん、火災保険を使うと実質無料で屋根の修理ができるのをご存知ですか。
実は雨樋、瓦、漆喰、雨漏りなどは火災保険で修理できる可能性があります。
これは意外と知られていないことなので皆さん是非この記事を読んで知っておいてください。

台風・突風・豪雨などで雨漏り、屋根材の浮き、雨樋の破損、漆喰の崩れが発生した場合に火災保険を適用することができ、実質0円で屋根を修理することが可能なのです。
また積雪・落雷・ヒョウで雨樋が破損してしまった場合でも火災保険がききます。

なぜこのような自然災害による被害で火災保険が適用されるのでしょうか。
それは火災保険には火災被害に対しての基本補償のほかに「風災・雪災・ひょう災」というものがあるからです。
火災保険会社のパンフレットを見てみるとしっかりと書いてありますので確認してみるといいかもしれません。

ここで気を付けてほしいことが、安易に保険会社に電話連絡をしないほうがいいということです。
電話口で「保険で屋根が修理できますか」とか「雨漏りは保険で修理できますか」
などと言ってしまうと保険会社は経年劣化での屋根の修理だと捉えてしまうからです。
そうならないためにあらかじめ専門業者に相談・問い合わせをすることをオススメします。
ちなみに屋根の経年劣化が原因では火災保険が適用されることはありません。
しかし経年劣化かどうかはお客様自身ではなく、専門の第三者機関が判断します。

屋根の傷みの原因が少しでも風や雪にある場合は火災保険で修理することができます。
素人目で見て「経年劣化だな」と勝手に判断し、火災保険の申請をあきらめてしまうのはとてももったいないです。

いかがでしたか
屋根を修理するときは火災保険が使えるかもしれないということを覚えておくといいですね。
屋根の傷みは何が原因で起こっているかはご自身では判断しかねることだと思いますので、一度屋根の修理業者に見てもらうことをオススメします。