HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >石州瓦の誇るべき特徴とは 前編

石州瓦の誇るべき特徴とは 前編

「広島の地域によく見られる石州瓦についてなんとなく歴史は知ることができたけれど、他の瓦と比較してどのようなメリットがあるのか知りたい。」
このように石州瓦の特徴について少し興味が湧いたという方もいらっしゃるようです。
今回は石州瓦の特徴についてお話ししていきます。

「広島の地域によく見られる石州瓦についてなんとなく歴史は知ることができたけれど、他の瓦と比較してどのようなメリットがあるのか知りたい。」
このように石州瓦の特徴について少し興味が湧いたという方もいらっしゃるようです。
今回は石州瓦の特徴についてお話ししていきます。

「強度の面」
前回も少しお話ししましたが、この石州瓦は他の瓦とは大きく異なった製造方法になっています。瓦を製造する際に必要な温度は、これまでの瓦造りでは常識はずれの1300度だと言われています。この温度は日本の瓦製造においても最高温度になり、その分耐久性が優れています。

「凍害効果」
では凍害効果は一体どのような性能があるのでしょうか。実は、日本で一番寒冷な気候に耐えられる効果があると証明されています。

24時間平常温度の水に浸したのちに、マイナス20度の冷気に8時間晒すという作業で瓦はどのくらい耐えることができるのかという実験で石州瓦は日本にあるどの瓦よりも長い試験回数を耐えることができたという結果も出ています。

このように、寒い環境や寒暖の差が激しい場所でも長い期間耐えることができると、瓦を変える機会を減らすことができるので費用的にもメリットを感じることができるでしょう。浮いたお金で違う場所のメンテナンス代として活用できるので、石州瓦を取り入れることも一つの商品としてかなりオススメです。

「天然素材で作られているのでキレイ。」
やはり、完全に良質な天然素材で製造されているのできめ細かな瓦になります。材料にもこだわってできているので、見た目を気にされる方にも気に入ってもられるのではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか。
石州瓦についてどのような特徴があるのか知ることができましたね。
​寒い地域に在住されている方などで、瓦の割れなどに悩んでいらっしゃる方は是非試してみてくださいね。