HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >福山で雨漏りの修理をしたいけど、もし放置したらどうなるの?

福山で雨漏りの修理をしたいけど、もし放置したらどうなるの?

「雨漏りしているから修理してもらうかどうか迷っているけど、ちょっとくらいなら放置してもいいのでは?」
と考えている方もいらっしゃるのではないかと思います。

ちょっとくらい雨漏りしていてもあまり日常生活に影響はないこともあり、放置したくなる気持ちも理解できますが、実は雨漏りを放置すると家にかなり影響が出るだけではなく、住んでいる人にも悪い影響が出ます。

そこで今回は「雨漏りを放置すると発生する被害」について書いていきます。

【雨漏りを放置した場合】
雨漏りを放置した場合、家の木造部分が腐食して建物の耐久性が低くなります。
放置していくとどんどん侵食してきて、最悪修理ができず引っ越さなければならない状態になります。

また、建物だけでなく、雨漏りしている家で生活している人にも悪影響が出ます。
雨漏りすることで家の中の湿度が高くなり結果としてカビが発生します。
カビの種類によってはアレルギー感染症を引き起こさせるものもあるので、放置しておくと大変危険です。


以上のように、雨漏りを放置しておくと家にも大きな被害が出てきますが、人体にも悪影響を及ぼします。
「ちょっとくらいなら気にならないし大丈夫だろう」と放置するのではなく、すぐに修理する必要があります。