HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >葺き替えリフォームの特徴とメリット

葺き替えリフォームの特徴とメリット

家のリフォームを考えたときにまず検討したいのが屋根のリフォームです。

屋根は普段目にしない場所なので、劣化に気づきにくいのですが、家中で最も過酷な環境のもと家族の生活を守っている部分でもあります。

屋根は一年中強烈な紫外線を浴び続けてかなり劣化してしまっているケースが多く見られ、また風雨にさらされ、雨漏りの原因となるダメージを受けていることも多くあります。

定期的に屋根をチェックしてメンテナンスやリフォームすることで、愛着のある我が家を快適に保つことができるのです。

葺き替えリフォームは表面の瓦だけでなく、瓦の下にある防水シートも交換することが大切です。

つい瓦やスレート部分だけの修繕で済ませてしまいがちになりますが、その下の防水シートが劣化しているケースもありますので、きちんと防水シートも交換しましょう。

そうすることで屋根の全体を健康に保つことができるのです。

またリフォームの際には屋根材を見直すことも大切です。

昔ながらの重たい瓦から変更して、軽い屋根材を選ぶことで耐震性を向上することもできるため、災害対策となります。

また軽い屋根材を選ぶことで、住まいの構造にかける負担も軽くすることができるため、マイホームを丈夫で長持ちさせることができるのも嬉しいポイントです。

屋根材には瓦やスレートなどさまざまな素材がありますが、そうした素材も見直すことでリフォームをより効果的にすることができます。

また太陽光発電の取り付けを行う前にもこうした屋根の見直しやリフォームを行うことをおすすめします。

発電モジュールを取り付けたあとはなかなか屋根のリフォームを行うことは難しく、しかもモジュールはかなりの重量がありますのであらかじめ屋根を見直しておくことは大変重要です。

家族の生活を太陽の熱や風雨から守ってくれる大切な屋根ですから定期的にメンテナンスをしましょう。