HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >重ね葺きと葺き替えの違いとは?

重ね葺きと葺き替えの違いとは?

老朽化したり風雨によって劣化した屋根は修繕が必要となります。

部分的な劣化であればその部分のみを修繕すれば良いのですが全体的に劣化が激しい場合は屋根を全部交換する工事が必要です。

この屋根全体を新しくする工事には重ね葺きと葺き替えという二通りの工事方法があるのです。


今回は、この2つの工事方法、重ね葺きと葺き替えについてご紹介します。



まず、葺き替えは、一度瓦を外し、新しいものに取り換えるという昔ながらの工法です。

瓦を一旦取り外し屋根部分を必要に応じて建材を新しく入れ替えたり、補強などをして
新築時に近い状態にした後に瓦を改めて装着するという方法が採られます。

この葺き替えには時間と費用がかかりますが、屋根への負担は少ないのがメリットと言えるでしょう。

重さも従来と変わりませんし、瓦だけでなく屋根の内部もリフォームするわけですから当分の間は劣化したり腐食する事はありません。

ただし、一度屋根を剥がす状態にして工事を行う上、工事期間が長くなる為に住みながらの工事は大変に困難である事はデメリットと言っても良いでしょう。

また、工事期間が長い為、人件費もより高くなる為に重ね葺きと比べると工事費用がかなり高くなってしまう事を覚悟しなければなりません。



一方、重ね葺きは、今ある屋根の上から新しく屋根を葺く方法です。

屋根の細かい部分は修繕せずに新しい屋根をカバーのようにスッポリ被せてしまうという工法です。

ほぼ出来上がっているパーツを被せていくだけですから工事も簡単で工期も短くて済みます。

その分、施工費用は葺き替えに比べるとかなり安価に済ませる事が可能です。

しかし、重ね葺きは屋根への負担が大きくなるというデメリットもあります。

屋根内部の劣化箇所はいずれ深刻な破壊が起こっても表からは判断不明である事が多いでしょう。


また、屋根を被せる事によって屋根部分の重さが増大し、家全体とのバランスが悪くなります。

耐震性と言う点ではデメリットがあります。



このように自分の家にしっかりと耐震工事がされているかいないかも葺き替えと重ね葺きを選ぶ重要なポイントとなります。

事前に、家の耐久性なども調べて、屋根の葺き替え、重ね葺きを検討してみてはいかがでしょうか。