雨どいって重要なの?

みなさん、雨どいって何か知っていますか?

屋根の下についているもの、となんとなく知っている方もいるかもしれませんが、実は雨どいは大変重要な役割を担っているのです。


屋根の雨水を集め、地上や下水に排水させる役割を担っているのが雨樋です。

雨が降らない限りあまり気にかけることは少ないと思いますが、これがないと大変なことになります。

屋根を伝ってきた雨水が直接、1階部分の屋根や地上に落ちることになるので雨音が非常に大きくなります。

また、屋根に落下してきた雨の全てが破風板や軒、外壁を伝うことになるので、汚れが目立つようになりますし、劣化を早める原因にもなります。

ちょっとした隙間やクラックがあれば、そこから家屋内部に浸入してくるでしょう。

ご存知のとおり、水分はお住まいの大敵です。

このようなことが起きためにも、雨どいは非常に大切な役割を果たしています。

つまり、雨どいのダメージは住まい本体のダメージにつながるのです。

以上から、雨どいの重要性についてお分かりいただけたと思います。


中でも、日本では特に雨どいは重要です。

なぜなら、日本では一年を通して降水がある国だからです。

それだけに雨樋の使用頻度と稼働率は高くなります。

また、台風による強風、積雪による重みなどで、雨樋は変形したり、外れてしまったりすることがあります。

こうなると、うまく雨水を排水できません。

さらに、秋の落ち葉や土埃で詰まってしまうこともあります。

うまく排水できない場合、雨水が流れ出す先によってはお住まいへの浸水といったことも考えられます。

雨樋を固定している金具も変形や破損といった被害を受けることがあり、この場合もうまく排水できない状態になりえるのです。

ですから、日本においては雨どいの点検やメンテナンスが必要不可欠になってきます。


高いところや見にくい部分の点検は、危険です。

専門の業者に、必ず任せましょう。