雨樋はなぜ必要なのか

たくさんの住宅で雨樋を目にしますよね。
雨の日は屋根から落ちる雨水が雨樋を伝い、勢いよく地上の排水口へと排水されます。
ところで皆さんは雨樋がどんな役割をしているのか、なぜ必要なのかご存知ですか。
一見雨樋があってもなくても生活する上でなんの変化もないかと思われがちです。


しかし雨樋には住宅にとって大事な役割があります。
今回は雨樋の役割となぜ必要なのかについてご紹介していきます。

雨樋の役割は、屋根に流れる雨水をスムーズに寄せ集め、地上の排水口へと排水することです。
すごくシンプルな役割に思えますが、雨樋がない住宅ではどうような問題が起こるのでしょうか。


雨樋がない状態だと、屋根に降った雨水が軒先から地面に落ちてゆき、住宅の周りに溝を作ったり、水たまりを作ります。


そのせいで住宅の基礎や縁の下を濡らし、腐らしてしまうことが可能性があるんです。
さらに軒先から落ちた雨水が地面ではねて外壁を汚してしまいます。

住宅が密集する場所では、自分の住宅に雨樋がないためにご近所さんの外壁を汚してしまうことも起こりかねません。
また最近のような軒の出が少ない住宅だと、屋根から落ちてきた雨水が外壁に流れ、外壁の内部に水が侵入してしまいます。


そうなっては外壁内部の劣化が早まるので取り返しがつかなる可能性が高いです。
他にも屋根から落ちる雨が勢いよく地面に落ちることで騒音を引き起こしてしまいます。

以上より、雨樋は雨水による住宅へのダメージから守るため、騒音を防ぐために必要なのです。
しかし雨樋を設置していても落ち葉やゴミが詰まっていたり、壊れてしまっているのでは雨樋の機能が十分に発揮されることはありません。
雨樋から水が溢れ出している場合はご自分でチェックしてみることをオススメします。

いかがでしたか。
雨樋について何も知らなかった人もこの記事を読んで雨樋の大切さを知っていただけたと思います。
大事な役割を持つ雨樋ですので、もしヒビが入って壊れていたり、劣化して手の施しようがない場合はしっかり業者に直してもらいましょう。