HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >雨漏りの修理をする際に知っておくべき雨漏り箇所の見つけ方

雨漏りの修理をする際に知っておくべき雨漏り箇所の見つけ方

家を購入してから年月が経ち、建物の老朽化が進んで気がついたら雨漏りしていた時、まずすべきことは何でしょうか?
雨漏りしていたら、まずは雨漏りしている箇所を特定しなければいけません。雨漏りしている箇所が分からないのに修理しても雨漏りは防げません。

ですが、どのようにして雨漏りしている箇所を特定するのでしょうか?
今回は、「雨漏りした時に知っておきたい雨漏りしている箇所の見つけ方」について書いていきたいと思います。

【雨漏りしている箇所の見つけ方】
雨漏りしている箇所を見つける方法は、雨漏りの原因だと思う箇所にホースで水をかけて確かめる方法が一般的です。
ここでホースをかける順番に注意してください。ホースをかける順番は、雨漏りしている箇所周辺から初めて徐々に上へ水をかけていく必要があります。

なぜ徐々に上にするのかというと、いきなり上からかけてしまうと雨漏りの箇所が下にあるとしても上から水が伝ってきて雨漏りの箇所に行き、雨漏り箇所から水が出るので雨漏りの箇所が上にあると勘違いしてしまう可能性があるかです。

以上のように、雨漏りしている箇所を特定するために雨漏りしている箇所の周辺から水をかけるように意識して、確実に雨漏り箇所を特定できるようにしてください。