HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >雨漏りの原因がわからない!修理業者が教える雨漏りの3つの原因とは?

雨漏りの原因がわからない!修理業者が教える雨漏りの3つの原因とは?

雨漏りは住宅の欠陥を示す重要なサインです。しかし、素人がすぐにその原因を突き止めることは難しいでしょう。そのため、「なぜかわからないけれど、雨漏りがしている」とか「雨漏りの原因がわからなくて不安だ!」といった悩みを抱えている方は多いと思います。そこで今回は雨漏りの原因を簡単にご紹介していきます。実は、雨漏りには大きく3つの原因があります。

1家の劣化
雨漏りの原因として最もよく挙げられるのが、家の経年劣化です。建物の老朽化が進み屋根の瓦がずれたり、雨どいが詰まってしまったりすることで雨漏りを引き起こしてしまうのです。このような劣化が進んだ状態では、雨漏りだけでなく瓦が落ちる可能性があるなど非常に危険です。

2自然災害による被害
瓦の下にはルーフィングという箇所があります。本来このルーフィングは20年以上の耐用年数があるとされています。しかし、台風や大雨の影響でこのルーフィングが破損し穴が空き、雨漏りの原因となることがあるのです。

3施行不良
自然災害だけでなく、人的なミスも雨漏りの原因となります。新築住宅でも、稀に数年で雨漏りが起こる場合があります。これは、建築者の施行方法がずさんだったため、屋根やベランダにひび割れが起こっているからです。新築だけでなく、リフォーム工事でも同様の問題が起こることがあります。

いかがでしたか?今回は雨漏りの主要な原因をご紹介しました。ぜひご参考にしてください。