HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >雨漏りを修理するためにチェックするべき箇所と見つけ方とは?

雨漏りを修理するためにチェックするべき箇所と見つけ方とは?

「大雨のたびに、雨漏りが起きないか心配」
「屋根にシミが増えているけれど、これって雨漏りが原因?」
このような疑問や心配を抱えている方は意外と多いのではないでしょうか?雨漏りを放置しておくと、家の湿気が増えるだけでなく、カビや害虫の原因となります。そのため、早めの対策が重要です。そこで今回は雨漏りが特に起きやすい箇所をお伝えします!修理をする際の参考にしてください。

1屋根
雨漏りが最も起きやすいのが屋根です。屋根で雨漏りが発生すると、部屋の中に水滴となった雨水が落ちてきます。特に台風や大雨の直後にこのような現象が起こったときは雨漏りを疑ってください。

2壁
屋根だけでなく実は壁からでも雨漏りが発生します。これは、外壁の塗装が何らかの原因ではがれたり、外壁にヒビ割れができたりすると雨漏りが起こる可能性があるためです。このような現象は外壁塗装のメンテナンスをしていないことが原因です。

3ベランダ
住宅のベランダも雨漏りの発生場所となります。ベランダは日当たりを意識して家からはみ出だして作られるので、雨の影響を受けやすいのです。それが雨漏りの原因となってしまうのです。

いかがでしたか?今回は雨漏りをよく起こす箇所を簡単にお伝えしました。ほかにも窓や、屋上でも雨漏りが起こる代表的な箇所です。