HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >雨漏りを見つけた時の応急処置

雨漏りを見つけた時の応急処置

雨漏りの原因は非常に様々です。
そして、その症状も色々あり、屋根から雨水が漏れてくるタイプもあれば、窓から水が滴り落ちてくるようなタイプもあります。

雨漏りを見つけた場合には、早めに業者に原因の調査と修理を依頼する必要がありますが、自分で行うことが出来れば応急処置をしておくようにしましょう。

まず、雨漏りが屋根裏に原因がある場合、屋根裏の中にシートをひいておくようにすると、室内への雨水の侵入を防ぐことが出来ます。
また、雨漏りの原因か所が分かっているという場合には、雨漏りしてくるところを市販のブルーシートで覆うと良いでしょう。

ただし、屋根に上っての作業が必要となる場合には、危険を伴う場合もありますので、作業の際には十分に気をつける必要があるでしょう。
必要に応じて命綱を着用するなど、安全に作業を行うための対策をしっかりととるようにしましょう。
また、雨が降っている、雷が鳴っているなどの悪天候の場合には、屋根に上っての作業は非常に危険ですので、無理に行ってはいけません。

なお、ブルーシートで覆う際には、釘を使用することは避けるようにしましょう。
場合によっては雨漏り被害を拡大させる原因となる場合があります。
ブルーシートの固定には、重しを置くなど、屋根に傷をつけないようにするといいです。

室内に雨水が漏れてきているという場合には、たらいなどの受け皿で水を受けておくと良いでしょう。

雨漏りが見つかったら、出来るだけ早く専門の業者に連絡をし、修理を依頼するようにしましょう。
業者の見つけ方としては、普段からお世話になっている所があればそこへ、そのような業者がないという場合には、すぐに駆けつけてくれる業者や雨漏り診断士の資格を有している人のいるところに依頼するようにしましょう。

また、修理費用が安すぎる業者には注意が必要です。適切な業者にお願いしましょう。